2018年1月12日金曜日

女バス★全国大会第3位

初めての県大会から早いことで3か月。初めての全国大会に臨みました。大きなプレッシャーもなく、楽しんで試合をしようと迎えた初戦。それでも大舞台に緊張したのか、在家らしいバスケットができないまま終わってしまいました。全国の厳しさを知った初戦でした。しかし、なんとか次のステージへの進出を決め、迎えた2日目。準々決勝は接戦のなか、今までなら慌ててしまうであろう場面で落ち着いたプレイをし、5点差で見事勝利。準決勝へと駒を進めました。自分たちの立てた「全国ベスト4」という目標を達成しました。厳しい道になるであろうところに高い目標を立て、それを達成していく子供たちにはいつも驚かされるばかりです。準々決勝での勝利は心の成長を感じることのできた勝利でした。
準決勝。相手は大会連覇中の強豪校。前半は同点で終えましたが、少しずつ離され、後半残り3分、5点差で負けの状況。そのまま追いつくことはできず、負けてしまいました。悔しいですが、また課題の見つかった1戦となりました。
 迎えた3位決定戦。力のあるチームで正直、厳しいかと思いましたが出だしからすごい集中力で一気に点を離すことができました。わざわざ静岡まで応援に来て下さった酒井先生に「勝った試合を見ていただきたい」という思いがプレイに表れていたように感じます。たくさんの方に応援していただける子どもたちは本当に幸せ者です。
新人戦での負けは、今思い返しても本当に悔しいものでした。でもあの負けがあったから「変わらなくては」と思って、新しいことに貪欲にチャレンジできたのだと思います。子どもたちには「忘れられないほどの悔しい負けをしたチームにしか甘美な勝利は味わえない」という話をしました。あの負けがあったからこそ、よりうれしい3位となったのでしょう。あの負けで挫折せず、うまくいかなくなった時期をみんなで乗り越え、自分たちで殻を破り、在家らしさ全開の試合が全国の舞台でできたことが大きな自信になりました。しかし、ここで満足せず、日々進化し続けるチームでありたいと思います。次に目指すはNO1!
豊田さん  大会ベスト5
植田さん 大会優秀選手
たくさんのご支援、ご協力ありがとうございました。